MENU

20代女性の薄毛対策

女性の薄毛は年配になってから、というイメージがあるかもしれませんが、最近では20代の若い女性であっても、薄毛に悩む人が増えています。いつの間にか、分け目の部分が薄くなってしまうのです。

 

一般的に、加齢によって女性が薄毛になるのは、女性ホルモンが年齢のせいで乱れてしまい、男性ホルモンが優位な状態になることが原因です。しかし20代の場合は、ダイエットやストレス、睡眠不足にピルの使用、髪形やスタイリング剤が関係しています。

 

ダイエットを行う女性は多いですが、極端なものは考えものです。体に負担がかかるほどの食事制限は、普通に考えても良くありませんよね。もちろん髪の毛にも良いことはなく、頭皮に栄養が行き届かないので、髪が抜けてしまうのです。そしてヘアサイクルが乱れ、新陳代謝も悪化し、毛母細胞の分裂に悪影響を及ぼします。

 

ストレスは自律神経のバランスを崩すことに繋がるので、頭皮の血行が悪化し、薄毛になってしまいます。

 

睡眠不足は、十分な休息が取れないせいで、頭皮のダメージが改善されないことが関係しています。

 

ピルは一定期間使用することで、女性ホルモンの分泌量が変化するため、薄毛になる可能性があります。

 

髪型スタイリング剤にも注意が必要です。ポニーテールや三つ編み、エクステは頭皮を引っ張ることになるので、分け目に負担を与えて抜け毛が増えてしまいます。スタイリング剤の中には界面活性剤が入っていたり、毛穴を詰まらせることもあるので、炎症を起こし薄毛の原因になることがあります。

 

以上のように、20代女性でも薄毛になる原因はたくさんあるのです。極端なダイエットは避け、ストレス発散やしっかりとした睡眠を取る等、工夫をしましょう。