MENU

30代女性の薄毛対策

30代になると、女性であっても薄毛に悩む人が増えてきます。男性のようにM字ハゲになることはありませんが、髪にハリやコシがなくなり、ボリュームが減って地肌が目立ち始めることが多いです。

 

30代の女性は、まだまだダイエットに励む人もいるので、それが原因で薄毛になる場合もあります。また、出産が原因で薄毛になるという人も多いのです。

 

妊娠中、エストロゲンという女性ホルモンが増加しますが、出産後には分泌しなくなってしまいます。エストロゲンには髪を増加する働きがあるために、出産後に抜け毛が増える分娩後脱毛症に悩む人がいるのです。

 

また、30代半ば以降になると、老化が始まることで女性ホルモンの分泌が減り、薄毛になる場合もあります。

 

この他にも、ヘアカラーやパーマ、謝ったヘアケアで薄毛になる場合があります。

 

近年では、カラーリングをしたことがない女性は珍しい世の中になってきました。30代はまだまだおしゃれをしたい年齢なので、カラーリングをする人も多いです。人によっては、白髪がちらほら出始めたので、白髪染めをする場合もあるでしょう。また、パーマを当てたりするので、毛根や頭皮が傷つき、キューティクルが破壊され薄毛になってしまうのです。

 

シャンプーを一日に何度もするなど、間違ったヘアケアを行うことで、頭皮が乾燥して育毛を妨げけることで薄毛を招くこともあります。洗いすぎもいけませんが、すすぎが足りずシャンプーや整髪料が残っている場合も薄毛に繋がるので、気を付けないといけません。

 

頻繁な洗髪やヘアカラーを避け、ビタミンやミネラル、アミノ酸を積極的に摂るなどして、薄毛の対策を行いましょう。