MENU

女性の薄毛の種類を自分でチェックしてみましょう

なかなか薄毛が治らないので、悩んでいるという女性も多いかもしれません。しかし、女性の薄毛は治るので安心してください。

 

まず、自分の薄毛がどんなタイプなのか、きちんと見極める必要があるでしょう。シャンプーの際、抜け毛を見てみてください。細く短い髪と太い髪が混じっているか、あるいは髪の毛の太さに特に違いはないのか。

 

抜け毛に細く短い髪と太い髪が混じっている

このケースは男性型の脱毛と言えます。これは老化が原因で起こるびまん性脱毛で、一番多い女性の薄毛と言われています。
びまん性脱毛は、老化によって女性ホルモンが減ってしまったことが原因です。つまり、女性ホルモンを増やすことで治ると言えます。また、発毛阻害因子を抑制する育毛剤や、FGF-7というヘアサイクルに関連する因子を増やす育毛剤を使うのもいいでしょう。びまん性脱毛の場合、男性用の育毛剤でも効果があるとされています。

 

抜け毛の太さに特に違いはない

慢性休止期脱毛という女性の薄毛で、男性には起こりません。ヘアサイクルで休止期の髪の割合は、本来なら全体の10パーセント程度なのですが、それが20パーセント以上になってしまうことで起こる症状で、頭皮全体が薄くなるという特徴を持っています。

 

慢性休止期脱毛の場合、ミノキシジル外用薬である程度治るとされています。また、女性専用の育毛剤を選ぶと良いと言われています。
さらに、慢性休止期脱毛の場合、髪の毛にきちんと栄養が行き届いていない場合があるので、普段の食事を見直す必要もあるかもしれません。髪に良い栄養をきちんと摂ることで、治る可能性が高くなります。